こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 風見鶏の館@神戸 | main | 心斎橋大丸の建て替え@大阪 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

萌黄の館@神戸

2005.10.09 Sunday 00:24
風見鶏の館のあと、すぐそばの重要文化財「萌黄の館」へ。
明治36年にアメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築され、その後、
昭和19年に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅になったそうです。
設計者は不詳、A.N.ハンセル氏と伝えられてる、とのことです。
もえぎ
こどもの頃からのン年間にわたる大な勘違いを今回発見!
「旧小林秀雄邸」とあったので、わたしは、文芸評論家の小林秀雄が、へ〜神戸にも住んでたことあるんだ〜と思っていたのでした。神戸電鉄の元社長だったのね〜。ほんまにアホやね〜(^^;)

こちらは風見鶏の館より小さいのですが、とってもすいてました。無料じゃないからかな・・・
外壁は萌黄色、淡いグリーンでとても優しい感じです。白い壁だったのが昭和62年からの修理で
建築当時の色に復元されたそうです。
もえぎ2   もえぎ3
ベランダの天井には吊り燈籠が・・・

楽しかったのは、マントルピースに嵌め込まれたタイルの意匠が部屋毎に異なるところ。
もえぎ4   もえぎ5   
もう少しちゃんと撮れるとよかったんですが・・・
もえぎ6

あまりひとのいかない西の奥の庭には、震災の時に屋根の上から落ちて庭に突き刺さったという
西の煉瓦の煙突が落下したそのままに展示されていました。

もうひとつの煙突はメイド・ルーム(非公開です)内に落ちていたとか・・・復旧には1年かかったそうです。

萌黄の館
Moegi-no Yakata (Yellow-green House)

木立にかこまれたやわらかな雰囲気の異人館を観ていたら、すっかり夕方(_ _。)・・・、
六甲アイランドは諦めて家路につきました。
これでカフェ・フロインドリーブにはじまった「KOBE観光の日」シリーズはおしまいです。
次の日はさすがに足腰が〜っ*^(☆。x)・・・でした。
もっとプール通い頑張らねば〜と決意を新たにしたのでありました。

美術館とカフェ@兵庫 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 00:24
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/59

トラックバック

萌黄の館 神戸北野異人館巡り 旧小林秀雄宅?

神戸北野の萌黄の館に行った。萌黄の館といえば、萌黄色の壁。実は今から11年前まで白い壁だったそうだ!??そうだったけ??明治期に出来た当初は萌黄色だったので、もとに戻したらしい。萌黄色の館、明治期はシャープさんの家で、昭和になり小林秀雄さんの家になっ
| 吠えて勝つ | 2008/10/26 8:36 AM |