こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< このごろ・・ | main | 泉布観特別公開 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

大阪人11月号「煉瓦とタイルの近代建築」

2006.10.08 Sunday 14:01
のりみさんのブログで教えていただいたので、昨日ゲットしてきました!
このごろ本屋さんに行っても、大阪人のある棚に行かないので、あやうく買い逃すところでした! のりみさん、ありがとう♪
osakajin
大阪人の11月号・特集「煉瓦とタイルの近代建築」。
大阪歴博の展覧会との連動企画ですね。記事はまだ読んでいないのですが、写真がうつくし〜
詳しくは「大阪人」のサイトに掲載されています。
表紙は、堺筋本町の生駒ビルです。生駒時計店だったのが、いつだったか、コンシェルジュビルになり、1階にカフェ&イタリアンバールができ・・・。ここは、しょっちゅう前通ってたのに、写真をまだ撮っていないので、アップできてないんですよね。

昨日は、船場建築祭だったんですね。のりみさんに教えていただいてたのに、前の記事に書いたような理由でアップもできずお出かけもできず・・・残念! この建築祭も、のりみさんが詳しく紹介されています。コチラ
その他の建築・庭園@大阪 | comments(18) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 14:01
- | - | -

コメント

ご紹介いただき、ありがとうございます。
記事内に少し書きましたが船場建築祭で販売されていた『meme Vol.6』もオススメです。表紙がダイビルです。
http://www.rikuyosha.co.jp/new/new_n4.html#new4a

あ、それとこいちゃさんも告知されていた大阪歴史博物館の特別展「煉瓦のまちタイルのまち」を見てきたのですが、な、なんと!「阪急百貨店大阪うめだ本店」というVTRがエンドレスで上映されてます〜〜。私、思わず感激の涙を流してしまいました。おおげさに聞こえるけれど本当にで感涙ものですよ!必見必見!!
だって、今はなき阪急コンコースに南側階段に食堂に大理石の入ったエレベーターに…。阪急ビルに思いいれがある人だったら絶対感動ものです。
私、上映会場で3回続けて見てしまいましたよ(^^;)また、改めてもういっぺん見に行こうと思います。

それと、展示で阪急百貨店の昔のチョコレート色タイルと今のクリーム色のタイルが比較展示されています。阪急の建物ってやはり昔はチョコレート色だったんですね!後でクリーム色の全部貼りかえられたそうで。昔のモノクロ写真を見て、あ…これ今のと色が違う〜って思っていたんですが、実際の色を本展覧会で見ることができて、それも嬉しかったことでした。詳細はまた改めてレポートいたします。
| のりみ | 2006/10/08 9:57 PM |
うわ。これは私も欲しいゲットしなくっちゃ。
10/12に大阪へ行こうと思っています。
行きたいところいっぱいでどれだけ行けるか。。その途中でこの本もみつけられるといいなぁ。

会社復帰されたのですね。
長い間お休みされていらっしゃったようですので、体が慣れるまではなかなか大変だと思います。
季節柄 体調を崩しやすい時期でもありますので、どうぞご無理なされませんように。
| yume | 2006/10/08 10:10 PM |
こんばんは
わたしはよく人様から「会社で英気を養っている」と言われますが、こいちゃさんもご無理なされずゆっくり身体を馴染ませてくださるように、と思いました。

うちのクイズの答えのヒントです。
ゾウさんらしきものは、by忠太です。越後獅子もどきはロウケツ染めです。
| 遊行七恵 | 2006/10/08 11:54 PM |
この本「煉瓦のまち タイルのまち」会場売店で売っていたので、ゲットしました。yumeさん行かれる時に買われたらいいですよ。

阪急百貨店のビデオも見ました。現物は見たことないけど、とてもきれいに撮れていてよかったです。
| vivasan | 2006/10/09 3:12 AM |
☆のりみさん
貴重な情報ありがとうございます!
朝日新聞も忘れないようにかわなきゃ〜
煉瓦とタイル・・面白そうですね〜!阪急ってはりかえてたのか〜わたしも今週末には行きたいなと思ってます!


☆yumeさん
サイトに取扱書店が掲載されてます。でも会場で売ってないかなあとかちょっと思ってるのですが・・・と、ここまで書いたら、vivasanが、会場にある、とコメントくださっているのに気がつきました↓ やった!

ご心配ありがとうございます!感謝感謝です。
まだ仕事再開したのではないのです。あいまいな書き方ですみません。ちょうどリハビリ仕上げにもいいかと、仕事をやめる前から勉強したかった講座を受け始めたのです。でも、ま〜長時間座ってるのってまだまだ身体にこたえるようです〜^^; 無理しないようにのんびりゆっくりで行こうと思います。


☆遊行七恵さん
あったかいおことばありがとうございます! 
今まで思いがけずのんびりした(笑)生活をさせてもらいましたが、七恵さんや皆さんのように、仕事をして地に足のついた生活をし、休日に美術館巡りをするというのは、わたしの理想です♪ 仕事を再開したのではなくて、ガッコなのですが、入り込んでしまうほーなので、つい机にかじりつきたくなるのですよね。でも身体が、ダメよ〜、とストップかけてます(笑)今度は身体を壊さないように、無理しないように、のんびり行くことにします^^ ありがとうございます。

動物シリーズ、ヒントをいただいてもむつかしいです〜ーー;
でも、どちらもものすご〜くわたしのツボです!


☆vivaさん
情報ありがとうございます! 阪急のコンコースはすばらしい贅沢空間だったんですよ。あたりまえのように毎日せかせか通っていた時に、もうちょっと味わっておけばよかったな〜と後悔です。ブログにアップされたんですね!またゆっくり読ませていただきま〜す^^
| こいちゃ | 2006/10/09 9:09 AM |
うわ、欲しいです、この雑誌。
全国主要書店で取り扱い…東京では新宿にでも行かないと
手に入らないでしょうね。
バックナンバーを見たら、他にも面白そうな特集が並んでいたので、
ちょっと待って、バックナンバーになってから取り寄せようと思います。

よく解らないですが、なんか頑張ってらっしゃるんですね♪
いいなあ〜♪
| AZUKI | 2006/10/12 2:51 AM |
はじめまして。
ちょくちょく見させてもらっております。
まだ「煉瓦のまちタイルのまち」展には行ってないのですが、歴博さんのご協力もあって、泉布観の夜間公開などを開催しますので、ぶしつけながらPRさせて下さい。

泉布観は今号の「大阪人」でも大きく取り上げられていますが、今や末期的な状況ですので、市民の側から活用法を探りつつ、いろんな角度から楽しんで頂ければと思っております。
建築を愛する方のご参加をいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。


ご自愛下さい。




| koba_taku | 2006/10/12 7:11 PM |
今日、大阪に行きました。
歴史博物館の「煉瓦のまち タイルのまち」
大阪くらしの今昔館の「文化遺産としてもモダニズム建築」
そして大阪中央公会堂の内部公開。。
どれも良かったです。
私の好きなのはやっぱりこれだなぁって心が叫びました。

こいちゃさんに教えていただいたおかげでいいものをたくさん見ることができました。ありがとうございます。

こちらの本も手に入れました。

この秋に催される近代建築の公開、催し 出来る限り参加したいと思っています。
| yume | 2006/10/12 10:41 PM |
☆AZUKIさん
レスが遅くなってすみません。
とっても面白い、ものすごいローカルな雑誌です(笑)。AZUKIさんの琴線に触れたようで、自分でつくってるわけでもないのになんかうれしい♪ TBくださってるRinさんが書いてらっしゃるようにけっこう運営は大変なようなのですが、ずっと続いていってほしいです。この雑誌で知った大阪の歴史がたくさんあります。

やっと社会復帰に向けて一歩です。つい、わが身の状態を省みず走りそうになるのですが、また同じことを繰り返すと意味ないので、身体が一番!むりしないむりしないをモットーに行こうと思ってます。ちょっと人生観かわりましたかね(笑)AZUKIさんもどうぞお大事になさってくださいね。身体がイチバンです。


☆koba_takuさん
お知らせありがとうございます。色々活動されているのですね。頭が下がると同時に感謝したいです。できるだけ行けるようにしたいと思っています。


☆yumeさん
わざわざありがとうございます。
そういっていただけてうれしいです。ブログに来てくださって色々教えてくださる方があるのはとってもうれしいことです。モダニズムはわたしも行ってきました。アップできてないのですが・・・明日は歴博行きたいと思ってます。
yumeさんの雰囲気たっぷりの写真とレポでアップされるのを楽しみにしています♪
| こいちゃ | 2006/10/13 8:59 PM |
東京のメディアが大阪を紹介するとなると、道頓堀か通天閣(新世界)のイメージしか出てこないですね。
これらが、東京ならどういうところに相当するのかはよくわかりませんが、ちょっと考えればその異常性に気づくと思いますけどね。
空中庭園の紹介で大阪市内が一望できるといいながら淀川しか映さなかったりしますから、実際に大阪に訪れた人が違和感を覚えるような状況になってますね。
マスメディアは出版にしても、東京の検閲を受けないと情報が流れないような制度になってますけど、大阪から情報発信する努力は続けていかないとね。

あと、HDDのデータ戻って良かったですね。
| ぬるぼ | 2006/10/14 12:36 PM |
☆ぬるぼさん
そうなんですね。問題ですね。この雑誌は大阪人も知らないような大阪の魅力を伝えてくれてますので、ぜひ存続していってほしいです。「煉瓦とタイル・・・」は昨日行ってきました。展示されている古写真や煉瓦やタイルなどみて、うっとりしつつも、ああ、あれもこれもなくなっちゃったんだなあ・・・とちょっと切なかったです。残ってたら、大阪の街のいい魅力になってたのになあ・・・

PCの件ではアドバイスありがとうございました!
HDDはかなりの壊れぐあいだったそうで、時間はかかったのですが、データは無事取り出してもらえました。お財布がすっからかんになりましたが・・(涙) これに懲りてバックアップを信条にします(笑)
| こいちゃ | 2006/10/15 6:31 PM |
はじめまして。場違いならお許しを。この特別展に煉瓦を四個展示していただきました。まだ寄贈手続きが出来てませんので個人蔵となってます。酒井学芸員のお陰で、これらの煉瓦を産廃として破棄されるのから拾い出し世の中に出す事が出来ました。このような格調の高い素晴らしいブログには相容れないかもしれませんが一つの煉瓦の陰にはこの様な世界もあることも知っていただければ嬉しい。下手なブログですが展示された煉瓦と展示されなかった煉瓦の写真を載せてます。発掘した本人から遠慮しながらのコメントです。
| TAKATAKA | 2006/10/16 9:25 PM |
すみません。少し慌てました。煉瓦を紹介してる日付を記しておきます。9.10,9.29煉瓦の有り場所。9.26,7煉瓦の写真を載せてます。この建物は鉄骨煉瓦造地下一階、地上7階建て、大正6年竣工(横河民輔設計)で大阪では最初の高層建築ですが、近代建築のリストからはなぜか忘れ去られていたようです。
| TAKATAKA | 2006/10/16 10:01 PM |
☆TAKATAKAさん
レスが遅くなってすみません。
お知らせいただきありがとうございました!ブログみせていただきました。貴重なご努力の結果ですよね。恩恵に預かり、TAKATAKAさんがいらっしゃらなければ埋もれてしまったであろう煉瓦の展示をみせていただくことができ、ありがたいやら嬉しいやらです。
| こいちゃ | 2006/10/18 9:09 AM |
煉瓦回収の状況を見て頂き、有難うございました。私のブログではこの建物の名称は一切伏せて出土品の紹介となっております。想像はつくとは思いますが。民間の解体工事、かつ調査はお願いして、公的な調査ではなかったのですが企業者の理解を貰って一人ぼっちの調査でした。レールも出たよ、煉瓦も出たよ、ガラスブロックも出たよ、旧の持ち主の店舗のシンボルも出ました。良かれと思いシンボルをお渡ししましたがこれが原因で、企業を通して前のブログを削除せざるを得ないような風評まで出ました。それ故今回のように、展示の形で世の中に出ることで旧持ち主の方々にも産業遺産の大切さを感づいてもらえれば良いのにと思います。こいちゃの日記を訪ねられる方々も私のブログを見ていただければありがたい。長くなりすみません。有難うございました。煉瓦の陰にも格闘あり。
| TAKATAKA | 2006/10/18 8:02 PM |
>TAKATAKAさん
「産廃から産業遺産を」ってタイトルがいいですね。
すでに近代も発掘される歴史なんですね。
そのうち自分の日常の生活空間が発掘されるような日も来るんですかね・・。

「大阪人」なんですが、サイト情報にもありますがよく利用する紀伊国屋書店の本町店にはいつもバックナンバー含めて平積みになってますよ。
ちょっと話は変わりますがこういうの↓を見ると本社移転も必ずしも企業の意思ではないことがわかります。
ttp://www.eonet.ne.jp/~0035/memo3.htm
| ぬるぼ | 2006/10/19 1:54 AM |
ぬるぼ様
タイトルお褒め頂き有難うございます。こいちゃ様の場をお借りしてお礼申し上げます。失礼はお許しを。

 近代建築に恋される方々には興味の対象外かも知れませんがこのビルの地下(基礎構造)は世界の高層建築の黎明期のシカゴ建築の基礎様式が採用されております。日本で実物が確認されたのは今回が初めてです。また鉄筋の代用に古レールが使用されたのも、歴史的にもこれが最初で最後のようです。大正3年の第一次世界大戦で欧州からの鋼材の輸入に支障が出て、やむなく近畿一円の古レールをかき集めて鉄筋代わりに地下の構築をされました。この建物は大正6年に竣工してます。実は煉瓦、レールは目的外でした。ブログにある柱は大阪市立大学工学部の中庭に移設しました、柱の鉄筋は全て幻のレール(双頭レール)です。参考になればいいのですが。
| TAKATAKA | 2006/10/19 3:08 PM |
☆ぬるぼさん
紀伊国屋の本町店!なつかし〜休業する前はよく行ってました。広さもちょうどで、いいものをみつけやすいんですよね。ビジネス書に重点をおいてるので、仕事にもいいし。そういえば、近代化遺産の本をみつけたのもあそこです。

ご紹介いただいたサイト読みました。ありがとうございます。びっくりです。そんな歴史があったんですね〜お役所のやることにはむかつく〜(笑)


☆TAKATAKAさん
レスレスありがとうございます。
色々あったんですね。ホントにお疲れさまでした。TAKATAKAさんのお話をうかがってから歴博の展示をみると、さらに興味深く鑑賞できるようです。文化遺産についての意識がもっとあれば、合理性や経済性を追求して壊されていった大阪の建物達ももう少し残っていたのじゃないかしら、と残念に思います。
なぜレールが・・と思ってましたが、そういう歴史があったんですね。地下にも様々な歴史が埋もれてるんですね。ご教示ありがとうございます。

| こいちゃ | 2006/10/19 11:40 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/525

トラックバック

『大阪人』

雑誌『大阪人』といえば数少ない大阪発信の、大阪人も知らない大阪の知識を得ながら楽しめる雑誌。 大正時代より大阪市出資の財団法人 大阪都市協会により発行されてきたものでしたが、協会が市の外郭団体改革によって来年3月末に解散されることになり、この発行を市
| 大阪から発信する | 2006/10/09 9:44 AM |

大川夜会2006・秋 泉布観アニバーサリー

主催者よりイベント情報公開します 春にひき続き、重要文化財泉布観をお借りしての夜会を開催します。 現在、泉布観の一般公開は3月の3日間に限定されており この時期の公開は貴重な機会となりま
| 名庭にて月に吠える | 2006/10/12 7:21 PM |

煉瓦のまちタイルのまち【その2】ビデオ「阪急百貨店大阪うめだ本店の建築」

旧阪急梅田駅コンコースを残したい…とゴリモンな日々のレポートを見て驚きました!解体現場からピラミッド状の物体が出現…!と思いきや、それがなんと阪急グランドドームのようで。まさかあのグランドドームを裏側から見る
| のりみ通信 | 2006/10/21 1:47 PM |