こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< Kyoto 生 Chocolat Organic Tea House@岡崎(2) | main | 欧風キッチン レヴァンテ@京都七条通 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

江戸琳派 抱一・其一の粋@細見美術館

2006.09.30 Saturday 21:00
さて、kyoto 生 chocolatを出て細見へ。細見美術館では「琳派展IX 江戸琳派 抱一・其一の粋」(12月10日まで 途中展示替あり)までが開催中。
入口に置いてあった出品リストは9月15日〜10月29日までのものでした。後期のリストも下さいとお願いしたのですが、まだつくっていないとのことでした。受付で聞くと、今回は、前期・後期展示で、かつ大幅な展示替はないとのことですいぬまゆさんより情報いただきました。なんと20点も入れ替わっているとのことです)。去年の琳派展は三回も展示替があったので、ちょっと嬉しいわい。
hosomi1
細見の秋の琳派展は今年で9回目(もう一回最初からやってくれないかな〜)、今回は、江戸琳派特集です。抱一・其一に彼らの弟子たち、それ以外の絵師も含めて40点あまり。京琳派も華やかだけど、江戸の粋もどうぞみてくださいという展覧会でした。

今回も、割引特典などなくても、京近美と細見で半券をみせるとどちらか団体料金になるそうですので、プライス展のお帰りにはぜひどうぞ〜♪ 10月13日細見館長さんと行くプライス・細見鑑賞会は、既に満席でキャンセル待ちになってますね。お得だし、トークは聞けるし、そりゃそうでしょう。わたしも行きたかったけど、この日は無理なのだ・・

くわえて、京都高島屋では、細見の「京琳派 神坂雪佳展」(10月4日〜16日)がありますね。
↓これです。これ♪
sekka
満足度200%の展覧会だったので、既になんばで見たけど、もう一度見たいな。細見美で招待券いただいてしまいました♪ おもわず満面の笑み!いとうれし〜^^ わたしは朝日友の会で無料で入れるので、これは遠くから帰ってくる身内に。

以下、とりとめもなく書いてます。わたしの記事って、内容は言うまでもなく、スタイルも毎度ばらばらだわ〜汗;

ホットコーヒー


まずは、抱一のさりげない紅梅図の軸。賛は、小鶯(しょうらん)女史。抱一が吉原から身請けして後半生を共に暮らしたという女性。当時の吉原の高級遊女らしく小鶯さんは詩作をよくしたらしい。抱一は出家して雨華庵を営むのだが、吉原も近くで、出家とは世を忍ぶ仮の姿(これ何度か読んだなあ〜)、実際には吉原も近く楽しんでいたらしい。
オツな名の小鶯さんが書いた賛の意味は、「雪をふみわけて行くことも二人ならば労もいとわない。春は遠いが梅のよい香が漂っている」という意味。紆余曲折の末に一緒に暮らせるようになったのでしょうか・・・なんといっても姫路のお殿様の弟だもんね。琳派展がラブレターで始まるとは・・・(--;) あっちっち・・・

吉原近くに住んだ抱一らしく、吉原月次風俗図のうち、六月富士参り図と十一月酉の市図もでていた。この、魔よけの赤いほおずきに麦わら蛇がかわゆい〜童子のようだわ。

hosomi2
夏のリクエスト展ではでてなかった、桜にオオルリのとまる「桜に小禽図」↑に再会!もう何度目かですが、やっぱりいいわ〜♪ 先日プライスコレクションでも4Fやロビーの自然採光の部屋に抱一がずらり並んでだけど、わたしはこれが一番好きだな〜。以前細見さんのギャラリー・トークを聞くまで気がつかなかったのだけど、この桜の花はすべて正面向き。それなのにそれなのに・・ああうつくしや〜

もうひとつ夏にも出ていた「白蓮図」もありました。

今回初めてみたのは極彩色の「青面金剛図」。リズミカルな庚申さんのご本尊。どうみてもダンスしているようにしか見えない。 どこそこのお寺の伝来と書いていたが、忘れてしまった・・・

其一のほうは、ポスターの「月に葛図」。抱一の生前は、抱一のスタイルで描いていたそうだが、師匠がなくなると、個性を発揮しだしたそうだ。其一らしい、夏にでていたガチョウ団体もいました。其一は、梅椿に小禽図、文読むしどけない遊女図、この賛は抱一。3幅対の墨の富士烏図も。其一はこういうのも描いていたのだ。いつごろの作品でしょうか。

藤花図がない!後期展示でしょうか???

ほかには、田中抱二の「垣に秋草図屏風」とも再会。だんだんよく見えてくるな〜
鈴木守一の描き表装華やかな「業平東下り図」も。其一も似たようなの描いている。
池田孤邨、酒井道一などなどありましたが、俵屋宗理の朝顔図があった。抱一の前、江戸中期の琳派の絵師らしいが、まだよくわからないらしい。

最後の、いつも春日の鹿くんのいるところには、其一の桜華返咲図扇面が。桜に葉が紅く色づいている? よくわからないが、あ、返り咲きか。いずれにせよ、よい絵だな〜

満足、満足♪ 細見美にもう二部屋ぐらいあったら、プライスの抱一と其一を持ってきてみたいなあ〜と思ったこいちゃでありました。
美術館とカフェ@京都 | comments(15) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 21:00
- | - | -

コメント

あ〜ホント、どなたか存じませんがありがとうございます!またやってしまったおっちょこちょいのこいちゃです〜
| こいちゃ | 2006/09/30 10:11 PM |
お世話になっております
(この記事 拝読を楽しみにしておりました)
紅梅図 いとおしいですな 絵葉書を買いました
梅に鶯 「さりげない」ながらも 情熱を読む
画賛もきちんと読まねばいけませんね・・・
(ううむ そこは当方 読みが不足)
「桜に小禽図」「梅椿に小禽図」「朝顔図」なども
ようございました それでは ご自愛ご健筆を
(追伸) しつこにて レセプションのお姉さんは
週末と平日とは 異なる人かもしれません
当方は土曜と日曜にしか行ったことがないので・・・
| TADDY K. | 2006/10/02 6:17 PM |
☆TADDY K.さん
いつもコメントありがとうございます。
行かれたんですね!

>画賛もきちんと・・・
いえいえ、賛は、わたしには読めないので(笑)、解説を読んだんですよ。^^; 
よかったですね〜 TADDYさんの挙げてらっしゃるのはどれも好きです。

レセプションのおねえさん、どうなんでしょう^。^ いつも愛想のいい方が座っていらっしゃいますが(というか、観察眼ゼロなので展示品もえーかげんにみてて、よかったな〜ぐらいしか覚えてないことが多々あります・・汗;)
| こいちゃ | 2006/10/02 9:51 PM |
TBありがとうございました。細見美術館は初めて行きましたが京都にあることを感じさせてくれる良い美術館でした。
というよりも、京都の美術館はどこも京都にあった外観をしていて街並みに溶け込んでいました。

ぐるっとパス関西のスタンプラリーを完成させるべき近いうちにまた関西方面に襲来したいと思っておりますので、その折はまたBLOGに記載させていただきます
| よしぴーちゃん | 2006/10/02 11:50 PM |
こいちゃさん、はじめまして。
こちらの日記は情報満載なので、よく参考にさせてもらってます。
私も日本画を見るのが好きなのですが、神戸在住の為、京都へはあまり頻繁に行けません。なので、たま〜に行った時に4〜5展を纏めて見るので、かなり疲れます(笑)

先週末もプライスを含め4展程見に行きました。細見は残念ながら時間不足のため行けませんでしたが「桜に小禽図」私も好きなので、展示中に何とか見に行けるるといいなと思ってます。
あと神坂雪佳展が開催されることもこいちゃさんの日記で知りました。あのワンコの絵は最近のお気に入りです。正面向いた茶犬が何気にカメラ目線なのがすごく良い!!

では、これからもこいちゃさんの日記を楽しみにしています。
| こずえ | 2006/10/03 9:12 AM |
☆よしぴーさん
こちらこそTB&コメントありがとうございます!
関西の方じゃないんですね。全国各地の美術館に行ってらっしゃるようですね。直島もまだ行ってないので一度行ってみたいです。ぐるっとぱす関西は今年から3ヶ月になったんですよね。またどうぞ関西にお越しくださいね。ブログにアップされるのが楽しみです。


☆こずえさん
ようこそ!はじめまして。コメントありがとうございます!
最近はバタバタしていて、アップも遅れがちなんですが(汗;)、そんな風に言ってくださってありがとうございます!

神戸からだと遠いですよね。・・って、わたしも大阪の僻地なのですが(笑) 忙しくなると、京都まではやはりなかなかです。でも4〜5展はすごいですね。わたしも見習わねば!どこの美術館も8時ごろまで開けててくれると助かるんですが・・(A^^;

「桜に小禽図」お好きでうれしいです♪ 細見は小規模ながら展示替があるそうですので、どうぞ確かめてから行ってくださいね。

>カメラ目線なのが・・・
ほんとだ!(笑)何気にすみっちょからっていうのがいいですね♪ 雪佳さんはいいですよね〜この展覧会は難波からはじまって関西以外に出て京都に戻ってきたパターンなのですが、ホントよかったです。図録も。
もうご存知かも知れませんが、サイトが
http://www.mbs.jp/event/200603sekka/
です。お互い行けるといいですね〜♪♪
| こいちゃ | 2006/10/03 11:43 PM |
高島屋の「神坂雪佳展」見に行ってきました。
午後6時以後の入場だと入場料が半額になって400円なので、すごくお得でした。午後8時まで、入場は7時半までです。
| vivasan | 2006/10/06 12:55 PM |
☆vivaさん
雪佳展どうでしたか?
そうそう、高島屋はトワイライトサービスだったっけ?があるんですよね。ありがとうございます。

高島屋カードの会員でも、会員になった店舗のものは無料券が毎月の請求書についてくるニュースレターにあるんですが、ほかの店舗のものも確か半額です。
美術展自体ももっと宣伝したらいいのに、高島屋さん宣伝やる気ないんですよね〜ほむぺも充実させてほし〜
半額でこれだけのものが見れるってめっちゃ得した気分になりますよね〜♪
| こいちゃ | 2006/10/07 12:13 PM |
行ってきたので、TBしますねぇ〜w
これも、いつもどおりよかったですね!!

展示リストは、最終日までのものになっていました。
展示替えは1点だけでしたよ。

そうそう、生ちょこれーとにも行って来ました!
アップしたら、またTBにきますねぇ〜w
| よりりん | 2006/10/21 2:07 AM |
こいちゃさん、こんにちは。

僕も『江戸琳派 抱一・其一の粋』を見てきたのでTBさせてもらいました。展示替えが1点だけとは後期展示を見に行くかどうか迷ってしまいますね。

京近美で開催される『都路華香展』を見に行ったついでということで後期展示を見に行くことになるかもしれませんが…。
| いぬまゆ | 2006/10/21 3:43 PM |
☆よりりんさん
TBありがとうございます。一点だけだったんですね。それはうれしいな♪なにがくるんでしょうね。

☆いぬまゆさん
TBありがとうございます。京都までこられてたんですね。遠くまでわざわざ。 展示替えの一点がなんだったかによりますよね。まあ、二回みてもいい展覧会ですけどね。わたしもプライス展後半行きたいのですが、ちょっと無理かもしれません。またお邪魔させていただきますね〜
| こいちゃ | 2006/10/22 1:07 PM |
こいちゃさん、こんにちは。

今日後期展示をあまり期待もせずに見に行きましたが、驚くなかれ展示替え作品は約20点ほどありました。

こいちゃさん待望の『藤花図』もありましたよ。最近こいちゃさんはお忙しそうですが、『藤花図』以外にも良い作品がたくさんありましたので是非また細見美術館に行くことをお勧めします。
| いぬまゆ | 2006/11/11 8:58 PM |
☆いぬまゆさん
え〜! び、びっくり!20点も展示替え!
お知らせありがとうございます!感謝感謝!
まだちょっと忙しいのですが、なんとか最終日までには滑り込みたいと思います!
| こいちゃ | 2006/11/12 11:25 PM |
お世話になっております お加減いかがでしょうか?

便乗(?)してしまい恐縮ですが 貴重な情報を頂きまして
・・・御礼申し上げます
12月初旬までに2回ほどの細切れ上洛を企んでおり
その節 組み合わせられぬかと
(非公開文化財の襖絵と 大桃山展 あとは茶団子ですな)

ご自愛くださいませ それでは
  


 
| TADDY K. | 2006/11/14 6:46 PM |
☆TADDY K.さん
こんばんは!レスが遅れてすみません。コメントありがとうございます。
お礼を言っていただけるなんて!こちらこそ恐縮です。いぬまゆさんのおかげですね。楽しみですね♪

2回も京都に行かれるのですね。いいですね〜非公開文化財わたしも行きたいけど、今年はあきらめ気分・・・。桃山展もいいですね〜。海北友松の雲龍図はものすごく好きな龍なので再会したいなとは思っているのですが・・あとは京焼と、掌美術館のそばの都路里で抹茶ソフトが食べたいかな(^^)V うーん、書いてるとワクワクしてきました!
| こいちゃ | 2006/11/16 9:55 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/520

トラックバック

細見美術館琳派展9

はっきり言って書くのが追いついていないのだが、京都にある細見美術館を訪れたのは9月17日だ。ぐるっとパス関西にも参加しているのはありがたい。 美術館は大阪の実業家細見良氏から始まる3代の収集品を展示しているもので、先史から近代に至る日本美術を収蔵している
| よしぴーちゃんタイムゾーン | 2006/10/01 12:05 AM |

琳派展?「江戸琳派 抱一・其一の粋」

◎琳派展?「江戸琳派 抱一・其一の粋」 ◆会期 2006年9月15日(金)〜12月10日(日) ◆開館時間 10:00〜18:00 ◆休館日 毎週月曜日 ◆会場 細見美術館 いつものように友人チケット(笑)で、入館、見てきました〜w ここ
| 関西おいしいもの♪ | 2006/10/21 2:05 AM |

江戸琳派 抱一・其一の粋(前期)

先週末に京都の細見美術館へ『江戸琳派 抱一・其一の粋』展を見に行きました。概要は既にこちらに書きましたがここではもう一度見た作品を振り返ってみたいと思います。なおこの日の僕の足取りはこちらに記してあります。 サブタイトルに琳派展IXとあるように細見美
| いぬまゆの鑑賞ノート | 2006/10/21 3:36 PM |