こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 大阪証券取引所・旧玄関ホール | main | コレクターの眼 枕 @芦屋市立美術博物館 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

予告「これがおもちゃ絵だ!」&「歌舞伎役者の死絵」展@中之島図書館

2006.09.18 Monday 23:28
これも「行きたいな」です。
大阪府立中之島図書館での展覧会をふたつ。

omochae
これが“おもちゃ絵”だ!
〜巨泉玩具帖に見る大正・昭和初期の郷土玩具〜 
日時: 平成18年10月10日(火)〜26日(木) 入場無料
       午前10時〜午後5時 
       12日(木)、15・22日(日)は休館
会場: 大阪府立中之島図書館3階 文芸ホール
       地下鉄御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅下車
                 1号出口から北東へ約300m

 川崎巨泉〔かわさき きょせん〕(1877〜1942)は明治後期から昭和前期にかけて大阪で活躍した“おもちゃ絵”画家。自ら描いた郷土玩具絵を“おもちゃ絵”と称し、多くの絵を残しました。
 中之島図書館が所蔵する巨泉の玩具帖や、巨泉と同時代人で彦根の郷土玩具コレクター高橋狗佛〔たかはし くぶつ〕のコレクション(彦根市立図書館所蔵)から、巨泉の玩具帖にある大阪の“住吉千疋猿”など約40点を並べ、いつかどこかで出会ったかもしれない懐かしい郷土玩具の世界を巨泉の“おもちゃ絵”を中心に展示します。
 また、師であり義父であった浮世絵師中井芳瀧の錦絵も併せて展示します。


コチラのページによると
※展示室は閲覧室と同じ区画にあります。図書館受付で入館手続きをとり、手荷物は受付横のロッカーに入れて3階にお上がりください。

もういっこ。
面影(おもかげ)と追善(ついぜん) 
〜歌舞伎役者の死絵(しにえ)〜

平成18年9月15日(金)〜11月8日(水) 第73回大阪資料・古典籍室1小展示 (入場無料)
 浮世絵はその画題によって、遊女や市井の評判娘・理想の女性像などを描いた美人画、  
人気の歌舞伎役者を描いた役者絵、美しい風景を描いた風景画などに分類されますが、
その中に「死絵(しにえ)」と呼ばれる絵があります。
しかし、死絵に描かれているのは死そのものや死骸ではありません。
では、いったい何が描かれているのでしょうか。
今回の展示では中之島図書館所蔵の死絵をご紹介します。

今でいうならスターの追悼写真集というところかな?

中之島図書館、以前はよく行ってましたが、東大阪に大部分が移ってからはほとんど入ってないので、どうなってるかな。

中之島図書館の過去エントリ1    
ライトアップ
ウォール・タペストリ

中之島図書館の建物紹介のページ

美術館とカフェ@大阪 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 23:28
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/506

トラックバック

http://hinako304.blog3.petitmall.jp/

サイズ:450×330mm浮世絵素材:紙(オフセット印刷)壁掛け素材:紙布紙布とは、美濃和紙を細かく切って縒り、これを染色して織り上げた天然の紙の布です。この情緒豊かな紙布を使って浮世絵の壁飾りを作りました。・ 豊国「役者舞台之姿絵 た
| 浮世絵の極意 | 2007/07/22 1:50 PM |