こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 花外楼歴史ミュージアム | main | 桃山の名碗と唐九郎・吉左衛門展@そごう >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

煉瓦のまち タイルのまち-近代建築と都市の風景-@大阪歴史博物館

2006.09.13 Wednesday 23:27
レポではなくて、「行きたいな」です。
大阪歴博のサイトに次回の展覧会「第23回 特別展 開館5周年記念 泉布観重要文化財指定50周年記念 煉瓦のまち タイルのまち-近代建築と都市の風景-」10月7日(土)〜12月11日(月) 但し火曜日休館 の詳細が発表になりました。
rekihaku
本展覧会では、大阪最古の洋風建築・泉布観(せんぷかん)の暖炉に使われた英国 MINTON 社製のタイルをはじめ、近代建築を彩る煉瓦やタイルの実物資料、建築図面、模型など約400点を通して、大阪、そして日本の近代建築の歴史をご紹介します。
 大阪を代表する赤煉瓦(れんが)建築といえば大阪市中央公会堂が思い浮かびます。しかし、赤煉瓦に見えるこの建物の外装は、実際にはタイルでした。大阪市内には数多くの近代建築がありますが、煉瓦とタイルを切り口にこれらを眺めてみると、興味深い一面が見えてきます。
 大阪最古の洋風建築・泉布観は明治4年(1871)に造幣局応接所として建てられました。文明開化を象徴するこの建物には国産煉瓦が使われていました。当時、大阪府は煉瓦の産地としても知られ、明治三十年代後半から大正時代には日本一の煉瓦生産量を誇っていました。
 大正時代に入ると、鉄筋コンクリート造の建物が増え、コンクリートの表面にタイルを貼ったビルが増えました。大正7年(1918)に完成した大阪市中央公会堂は、鉄筋コンクリートと煉瓦を構造に用い、外装を赤煉瓦の形をしたタイルで覆ったのです。
 本展覧会では、煉瓦やタイルそのものの魅力とあわせ、それらがいかに建築デザインや都市景観を変えていったかをお楽しみください。


どれだけ煉瓦やタイルが揃うのかわかんな〜とか思ってたんだけど、歴博のサイトtの主な展示資料の写真をみただけでわくわくわく♪ いい展覧会だといいですね〜
常設展も難波の宮〜大大阪の時代と、とってもおもしろい展示なので、行かれる方はこの機会にぜひどうぞ〜♪(共通券は1000円どす)わたしも前に常設に行ったときは時間が足りなくて消化不良だったので、また行きたい。地下遺構ツアーにも参加したい! ゆっくりまわろと思うと十分時間をとっていったほうがよさそ・・・

あわせて、毎春公開の泉布観が、10月に特別公開されるようです。
重要文化財 泉布観 の特別公開
日時 平成18年10月21日(土)・22日(日) 両日ともに、次の6回(各回約40分)
(1)10:30〜   (2)11:30〜   (3)12:30〜
(4)13:30〜   (5)14:30〜   (6)15:30〜
有料 事前申込 ただし、特別展観覧者のみ。


建築ツアーも
「建築史探偵団」
日  時 平成18年11月1日(水)・8日(水)2回連続
内  容 (1)11月1日(水)
10:00〜12:30大阪歴史博物館で講義・特別展見学
14:30〜16:30北船場の近代建築見学
(2)11月8日(水)
10:30〜16:00京都市内の近代建築見学
有料 事前申込


締め切り・料金など詳しい情報は、大阪歴史博物館のサイトの特別展「煉瓦のまち タイルのまち」の「おもな関連行事」のページに掲載されています。講演の予定も。
行きたいけど、ツアーはちょっと無理かな。


↑歴博の学芸員さん、酒井さんの著書。
美術館とカフェ@大阪 | comments(7) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 23:27
- | - | -

コメント

酒井さんが「行くぞー」と胸を張る姿が見えるようです♪
以前土曜日に探偵団が動いていたときは参加していましたが、平日はちょっと無理な私です。
泉布観 の特別公開も行うとは、気合が入ってますよね。
帝国ホテル側からそちらに向かうと、色々な遺構が見えて楽しいですよ。更にそこから天神橋筋へ向かうとこれまた・・・

だいぶ少なくなりましたが、大阪にもまだまだよい建物は多いですよね。
ところで今日、姫路の新日鉄の迎賓館に行ってきました。
遠藤新の素敵な作品でした。
| 遊行七恵 | 2006/09/14 10:00 PM |
こいちゃさん またまたお知らせありがとうございます。

勿論「煉瓦のまち タイルのまち-近代建築と都市の風景-」には行きますが、「建築ツアー」気になります。。
水曜日。。両日とも参加。。
う〜ん。 水曜日って休みにくい日です。一日だけならなんとかなっても二週続けては。
でも行きたい。酒井さんのお話も一度お聞きしたことがありますがとてもよかったです。

喉から手が出るように企画です。
| yume | 2006/09/14 10:46 PM |
中央公会堂がタイルとはだまされた(笑)
レンガ建築と言えば明治って感じですもんね。
| ぬるぼ | 2006/09/15 12:03 AM |
あ〜遠くから指をくわえてるだけ…。
泉布観2階 暖炉のタイル、いいですね〜。
タイル大好き人間としては、ぜひ観てみたい、参加したい企画です。
大昔に、イズニクタイルについてちょっと紹介したの覚えてらっしゃるかな〜
モリス風のイギリスのタイル、スペインのタイル、どれもいいけど、日本の和洋折衷ぽいレトロのタイル、素敵でしょうね〜♪
うらやましいなー



| AZUKI | 2006/09/15 1:34 AM |
☆遊行七恵さん
酒井さんの気合のはいった企画なんですね。楽しみ〜
窓やタイルから建築をみるって楽しいですよね。わくわくわく♪
いろいろ行ってみたいです。泉布観は帝国ホテルからあるくんですね!メモメモ^^V ありがとうございます♪


☆yumeさん
わたしも10月からちょっと忙しくなるので水曜日のツアー無理なんですよね〜残念!レクチャーだけでも行きたいな〜
展示解説は酒井さんでしょうかしら♪ 大阪まで遠いですが、yumeさんが来たかいがあったと思ってくださったらいいなあ♪^^


☆ぬるぼさん
中央公会堂のタイル、わたしも知りませんでした〜!(笑)奥が深いですね〜 そんなこんなでますます興味の湧く企画ですね♪


☆AZUKIさん
わたしも写真みて一目ぼれです。AZUKIさんのお里帰り期間の開催だとよかったですね〜。
イズニクタイル!は〜い!覚えてますよ〜♪とっても楽しく読ませていただきました^^あの時取ってらした青い写真も素敵でした。ありがとうございました。
視点を変えて見ると近代建築もまた面白さが増しますね。
| こいちゃ | 2006/09/15 9:34 PM |
泉布観ツアー申し込みがちょっとうまく行かなくて残念なり〜〜という私です。
自分で春分の日の頃にゆけば良いとはいうものの。惜しい。

それでまぁ仕方ないので21日にこの展覧会を見た後、住まいのミュージアムでドコモモ100選の写真展を見ようかと思います。
こいちゃさんは予約うまく行きましたか?
| 遊行七恵 | 2006/09/21 9:45 PM |
☆遊行七恵さん
泉布観ツアーってあったんですか?えーん、知りませんでした。わたしは今回↑の公開に行きたいけど、展覧会場で先着順なので無理かな、ダメならやっぱり春にいくか〜とか思ってました。今年も春に行こうと思っていて当日はメゲテしまったんですが(笑)
ドコモモ100選も知りませんでした!これはいかねば!ありがとうございます。大阪に来るついでにみたい方もあるかもしれないので、記事にさせていただいていいでしょうか。

21日のあたりの週末は、NOLIさんにコメントで教えていただいた近代化遺産公開のどれかにいけたらいいなあとか考えています。七恵さんはもう行かれたとこばかりかな〜^。^
| こいちゃ | 2006/09/22 12:11 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/501

トラックバック