こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 桑山玉州展@和歌山市立博物館 | main | みたらし団子@喜八州総本舗 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

映画「山中常盤」と「死者の書」大阪で上映中

2006.08.31 Thursday 23:04
映画「山中常盤」と「死者の書」を見に、十三の第七芸術劇場まで行ってきました。
死者の書は9月8日まで上映なのですが、山中常盤は一週間限定上映で、明日9月1日までなので、知らなかった方もあるかと、急いでお知らせかたがたアップ(遅すぎるかな・・・)

おもしろかった〜
「山中常盤」は、ご存知、岩佐又兵衛の強烈な絵巻。MOA美術館所蔵の12巻。平泉にいる牛若丸にあいたさに旅にでた常盤御前は、山中の宿で6人の盗賊に残忍な殺されようをし、牛若丸が一人剣をふるって復讐を果たす、という物語。

その絵巻を撮ったものなので、当然絵巻がアップでみれる。細かいとこまで・・・これだけでも堪能なのだけど。関西に住む身にはおなじみ、鞍馬山、清水寺、岩清水八幡宮、石山寺、醒ヶ井の宿などなどの絵巻の場面と実写とを交え(常盤の旅路なのだ)、また、岩佐又兵衛の肖像や、15代仁左衛門のお嬢さん片岡京子さん演じる又兵衛の母の映像、又兵衛の生涯の紹介なども織り交ぜつつ進む。またこの演出がよく効いていると思う。この母の復讐譚には、荒木村重の遺児であり、母や一族郎党を信長に惨殺され隠れ育った又兵衛の思いも込められてるのだと。そうすると、にっこり笑って切りまくる牛若は不気味だけど、又兵衛は絵巻で敵をとったのだとすると、あの笑みは、又兵衛の心の奥底なのかな〜

うー、強烈エンターテイメントだったので、もっとこまごま書きたいが〜
とりあえず三味線。
岩佐又兵衛の時代には、小浄瑠璃であったのが、詞書は残るものの曲は絶えてしまったのだという。それを、文楽の鶴沢清治氏が作曲し演奏しているそう。語りもいいけど、全編を通じて流れるこのスピード感のある華やかな三味線がまたええです。

明日までで、それも13:25からの1回上映なのだけど、いけるひとは行ってください(としか言えない・・・汗;)。阪急十三駅西口から徒歩3分の第七芸術劇場です。

死者の書の前売りをゲットしてから行って、それをみせると、山中常盤は当日券のみなのですが、¥1500が¥1200円になりますよん。

「死者の書」は、これまた、むにゃむにゃと書きたくなるのですが・・・・
これは8日まで(7日休映)ですので、また時間がありますよね。

HDDのぶっ壊れたPCのことで梅田まで出ることになり、思いがけず時間ができたので十三までダッシュ!とりあえず、明日までの「山中常盤」だけみて帰ろうと思ってたのですが、結局「死者の書」もみてしまった・・。
そのあと、阪神へ展覧会場を走りに行き、またパソコンやさんへ戻り、疲れた・・・
もう元気ないので、ここまで〜 死者の書については、公式サイトを見てくださいませ。
今回は、画像もナシなのですが、画像や続きは、また元気があるときにアップしようと思います。

自由工房さんの山中常盤のページ
こちらにも紹介ページが 監督や辻惟雄さんのメッセージが。
こちらも監督さんのインタビュー

長時間すわってると腰にきそうで心配でしたが、ひざ掛けお借りしたり、ストレッチしたり、バッグを背中においたりして、座り方を工夫して乗り切って、ちょっと自信になりました。うれぴい。映画みたのはなんと殆ど2年ぶりでごじゃる。
その他 | comments(6) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 23:04
- | - | -

コメント

見てから一週間近く経ってるので曖昧になりつつあるアタマをぶちながら綴りましたが、こいちゃさんの記事が先行しているおかげで、色々思い出せて助かりました♪

阪神のは明日行きます。
でもPCもよくなりつつあるようで、めでたいです。
| 遊行七恵 | 2006/09/01 1:06 PM |
お蔭さまで今日「山中常盤」を観てきました。たくさん、勉強させて頂きました。
「山中常盤」の話の前に、岩佐又兵衛という人物と、彼の辿った人生が強烈に焼き付きました。
それにしてもあの蒔絵は凄いというか、素晴らしいというか、美しいというか。。。一言では言えないのですが。

ちょっと欲を言えば、常盤御前をもう少し侍女と差をつけて、中年の贅肉のついてない女性に描いて欲しかったです。

でも、文句なしに言えるのは、あの絵巻の迫力と色彩の美しさです。特に朱色や赤、そして素材や質感まで伝わってくる描き方には、息を呑むものがありました。浄瑠璃も含めて、もう忘れられかけている日本文化の存在を再認識しました。
ありがとうございました。

| red_pepper | 2006/09/01 5:20 PM |
この間、岩佐又兵衛の村松物語を観てきました。それと講演会。詞書からの時代考証で慶大の石川先生の講演でした。辻さんは、絵からの時代考証とのことでしたが、また違った見解をもたれていました。もう終わってしまいましたがhttp://www.umam.jp/point.html に載っています。
山の上にある美術館で、急いで登って行ったら 講演の間中汗を拭き拭き、ハンカチ一枚がびしょびしょに、シャツもズボンも。それからは甲子園の斎藤君と同じタオル地のハンカチに。私 汗かきなんです。
| 抹茶 | 2006/09/01 8:53 PM |
☆遊行七恵さん
コメント&TBありがとうございました。昨日はコーフンしてましたが、一日たって落ち着いてきました。あれがフィクションでなく日常的な話だった時代じゃなくてよかったわ〜 日本美術史も精神史もゆっくり勉強してみたいな〜と思いました。わたしは何がこわいといって、牛若の狂喜した顔が一番おとろしかったです。

PCは、windows vistaがでてから買い替えたかったので、なんとか安上がりで長生きしてもらおうと努力してます(汗;)来週ぐらいには行方がみえてると思うのですが・・・ご心配ありがとうございます。


☆red pepperさん
そういってくださって、嬉しいです。ありがとうございます。
わたしが岩佐又兵衛を初めて知ったのは、辻惟雄さんの「奇想の系譜」ででした。ご存知かもしれませんが、
http://koicha.jugem.jp/?eid=360
 の記事にアマゾンへのリンク張ってます。若冲や蕭白について読みたくて読み始めたのですが、又兵衛や山中常盤についての項があって、どんなんだろ、一度見てみたい!と思い始めたのでした。

確かに、一言では言えない、ああいう絵巻が生まれた時代背景や描いた又兵衛についても知りたくなる絵巻ですよね。

ものすごい描きこみぶりでしたね。色鮮やかな部分はもちろんのこと、なにげない白い衣装にも地模様が描き込まれていて。それに、宿の夫婦など、登場人物の表情も活き活きとしています。でも、確かに常盤のあのあごはちょっと苦しいものが・・わたしもすごく気になりました(爆)


☆抹茶さん
村松物語みてみたいです。講演もおもしろそうですね。それに、こんな美術館あったんですね。知りませんでした! いいとこのようですね〜 
山登りお疲れさまでした。ハンカチーフ・プリンスですね(斉藤くんはいいこですね。アメリカ人まで知ってる!とかってTVで流れてましたが、ホンマかいな〜苦笑)今のタオル・ハンカチ、トレンドはもち青ですよ♪
| こいちゃ | 2006/09/01 11:19 PM |
そうです青なんですがね!家に帰ってすぐに、タンスの引出しをひっくり返して探したのですが…。お気に入りだったラコステの青がないんです。長いこと使わなかったせいか、気がつけば台所でフキン代わりにされボロボロ、油断大敵とはこのこと!だれかさんが涼しい顔して、代わりを出してくれましたが、中国製の白でした。でも 柄は斎藤君のとそっくり!!
| 抹茶 | 2006/09/01 11:47 PM |
☆抹茶さん
そっくりな柄なら許しましょう♪(爆)
三つ折りにして、後ろのポケットに入れ、折りが崩れないようにすっと取り出し、汗をおさえるように静かに顔にあてます(この時ポーカーフェイスをするとなおよし)。まちがってもハンカチをべろんべろんにして、えいやっと勢いよく顔をふいてはいけません。ましてや、オ○サンのように、肩にタオルをかけてゴシゴシふくのはもってのほか! ヨンさまのあとは、佑ちゃんをおっかけている奥様方(とTVで言ってました)に冷たい目でみられますよ〜
| こいちゃ | 2006/09/02 9:53 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/490

トラックバック

山中常盤を見て

大阪十三に『第七藝術劇場』通称ナナゲイという映画館がある。 レベルの高い、しかし商業ペースに乗らない名品を上映する映画館である。 以前はこの建物サンポードの名をそのままにサンポードアップルシアターと言って古い
| 遊行七恵の日々是遊行 | 2006/09/01 12:32 PM |

死者の書

国際的にも評価されるアニメ作家、川本喜八郎が、人形アニメの手法で折口信夫の不朽の名作を初映像化。 生ける者と死せる者との魂の交わりが織り成す美妙な幻想図。 それは、伝統文化を踏まえた独自の表現で名作を発表してきた川本
| ショウビズ インフォメーション | 2006/11/04 11:54 AM |

国立劇場文楽鑑賞教室

国立劇場文楽鑑賞教室
| 映画の週末 芝居の週日 | 2006/12/16 11:07 PM |