こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 生ちゃこれーと@中村藤吉本店 | main | オールド・ノリタケ名陶展@京都大丸・美術画廊 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

風鈴@菓匠清閑院

2006.08.17 Thursday 19:34
お盆ももう17日というのにバタバタしていて、なかなか更新もままならず、皆様のブログにもお伺いできずにおります。ごめんなさい。

そんななか、用事があって京都に行ってきました。大文字も見ずに帰ってきたのですが、せめて何か夏らしいお土産をと、帰り道に京都大丸の地下をぐるり。涼やかな色合いに惹かれてこれを。
furin1
菓匠清閑院の夏のお菓子「風鈴」

furin2
レモン味の和風ぜりぃに浮かぶのは羊羹。これがよ〜く冷やすととても美味しい。
ぜりぃには地模様がついているのですよ。写真ではわかりにくいですが、これは実物を見てのお楽しみ〜

真ん中のゼリィがかぶっている竹篭は何かしら?

furin3
風鈴になるのでした〜 
虚無僧の網笠みたく写っていますが、本物はもっとええ感じですA^^;
この下にパッケージから切り取った短冊をつけるようになっているので、↑の写真はまだ未完成。この写真を撮った時点では短冊に気がつかなかったのです。風情たっぷりに搖れてるのを撮りたかったけど、ブレブレで断念しました〜(涙)

半透明のパッケージの隅にはうっすらと
 夏の風わが袂にし包まれば思はむ人のつとにしてまし


ごちそうさまでした。
清閑院の季節のお菓子はいつも綺麗で楽しませてくれます。この日も、別の和菓子屋さんのお菓子にしようと思っていたのに、結局実物を見るとこれになりました♪

菓匠清閑院
京都おいしいもの | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 19:34
- | - | -

コメント

こんばんは〜
「わかるゾ〜わかるゾ〜」と一人ごと言いながら読んでます。清閑院の季節のお菓子、本当にきれいですよね。
特に春と秋のふわっとしたのが好きです♪

明日あさってと東京に行きますが、神楽坂の「紀の善」の抹茶ババロアを、いつかこいちゃさんに味わってもらいたい、と思います。わたしにとっては日本一の甘味処なのですよ。

ところで、籠の風鈴の音色ってどんなのでしょうか・・・(音はあるのかなぁ)
| 遊行七恵 | 2006/08/17 10:16 PM |
☆遊行七恵さん
春の桜も秋の紅葉も、ついほしくなりますよね〜
いただいたりすると小躍りしてしまいます^^

東京めぐりですね〜いいな〜
谷中も寄るって書いてらっしゃいましたね。わたしは生来のチキンなので、キョワくてキョワくてダメです〜・・A^^; 
紀の善の抹茶ババロアですね!神楽坂の抹茶のお菓子、聞いただけで抹茶好きのわたしは、たら〜(失礼 汗;)

風鈴、竹篭はかぶりものなので、かわいい音が鳴ってましたよ。風鈴といえば、明珍火箸の風鈴の音、一度ナマで聞いてみたいです〜
| こいちゃ | 2006/08/18 12:12 PM |
 ああ・・・風鈴の音をお菓子にしてしまうなんて・・・
| キョンコスカヤ | 2006/08/29 7:42 PM |
☆キョンコスカヤさん
うふふ、日本人でよかったな〜と思います。見た目だけでなくてホントに美味しかったですよ〜^^
この風鈴はいい音で今も鳴ってます。
でももうそろそろ秋・・・・今度は虫の音ですね〜
| こいちゃ | 2006/08/29 11:03 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/483

トラックバック

清閑院 風鈴 の続き

前回はパッケージを開けただけ。ようやく味見。 軽いレモン味で後味もさっぱり。ついついもう一つ、という気持ちになってしまいます。 肝心の風鈴は・・・もう少し高く澄んだ音だと心地良さが増すと思います。
| 似非SEのつれづれ | 2007/08/05 12:11 AM |