こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 珈琲一色DANKE(ダンケ)御影 | main | 旧乾邸内覧会(1)@神戸・御影 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

御影の名の由来は・・@弓弦羽神社

2006.06.28 Wednesday 11:27
さて、前回もアップしたように、阪急御影駅から香雪美術館に行くには、歩くととても気持ちのいい、↓こういう緑の道を通って行くのですが、左は美術館につながる村山邸の緑、右手は神社の森なのです。
yuzu5
この神社の緑がなければ、この道の魅力はなくなってしまいますよね。

yuzu1
この時期、境内にある綺麗な枝垂桜は咲いていませんが、このブログでアップした熊野本宮速玉大社に関連のある神社なので、ちょっと撮って来ました。

この弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)は、長い歴史のある神社。祭神は、根本熊野三所権現とあり、つまり、伊邪奈美尊(那智)、速玉男命(速玉)、事解男命(本宮)。 配祀されているのは、天照皇大御神、素佐男尊。

yuzu4
熊野大神をお祀りしているだけあって、手水は三本足の八咫烏。ちょちょっとブキミなお顔・・・^^;

でも、どうして、那智の神として、夫須美神とせずに、同体とされる伊邪奈美尊なのか、本宮の神として、本宮の第一殿に熊野夫須美神と御一緒に御祀りされている事解之男神なのか? (事解之男神は、表に出てこない神様。伊邪那岐大神様が黄泉国に伊邪那美大神様に逢いに来られ、互いにあるお約束事をされた時に、発した言葉の中から生まれた神様) ちーんぷんかんぷん(??)

yuzu2
拝殿。後ろにマンションみえるのがちと悲しい・・・

ご由緒書によると(テキトーに抜粋)、
往古、神功皇后が三韓より帰還時、長門国豊浦より摂津国難波浦に向かう途中、忍熊王(おしくまのみこ)が兵を挙げたことを知り、皇后の弓矢・甲冑を納めて熊野大神を斎奉し、ご祈念されること絶え間なし。 戦いに完勝、御子の皇子は後に応神天皇となリ、願うことで成就しなかったことはなかったという。この故事により、神社背後の秀麗な峰を弓弦羽嶽と呼び、また六甲山とも云う。(武庫の地名、また六甲の地名が残るのは、皇后の納めた甲胄からという)
往時は六甲まで緑が続いていたことでしょうね。今や一大住宅地ですが・・
また、神功皇后がこの里の泉(澤の井)に御姿を写されたことで、当地を御影と云うようになった。
澤の井は阪神御影駅の高架下に今もある泉です。

↑これが御影、武庫、六甲の地名の由来。面白いですね〜(^^)
このあたりは神功皇后ゆかりの史跡が多いのです。このブログでの関連記事と言えば、いまんとこ、ちらっとアップした宇治の宇治上神社ぐらいかな〜 宇治上神社は、応神天皇の息子で悲劇の死を遂げた菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)をお祀りする神社です。

神功皇后は、女性であり、それも妊娠していながら武将として勇ましい活躍をしたとされるので、子どもに強くなって欲しいという願いを込めて、戦前は、よく武内宿祢とセットで五月人形になっていますよね。

下って、桓武天皇の御代延暦年間(782〜805)に弓弦羽の森を神領地と定め、 嘉祥2年(849)神祠を造営し遷座されたという。 御影の町は、六甲山を背にし、 南に茅淳海(ちぬのうみ=大阪湾)を望んで風光明媚・気候温暖で古くより栄え 平安時代中期より盛んになった熊野信仰と共に神社も発展した。(ホームページより)

6月30日には『夏越大祓』があり、 その準備が・・
yuzu3
茅の輪(ちのわ)神事の茅の輪です。
大祓式の後、参列者全員で「茅輪」を潜り無病息災を祈願するのだそうです。茅の輪の由来は、スサノオノミコトが、「世に疫病あらば茅の輪をもって腰以上に着けしめよ・・・」と言われたことからだそーな。

yuzu6
こちらの狛犬のしっぽはソフトクリームタイプ。

yuzu7
参道にある、神戸市の天然記念物の指定を受けた、神戸市最大、樹齢約350年の椋木。
香雪美術館まで来たらここの参道を歩いて帰るのがわたしのパターン。癒しの空間です。


神社仏閣@兵庫 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 11:27
- | - | -

コメント

こんにちは。
久々の懐かしい風景をこちらの写真でみれました。
昔は阪急御影より、弓弦羽神社と香雪美術館の間の
細い砂利道を歩いて出勤していました。(すぐ近くの某宝飾メーカーです…って言ったら分かっちゃいますね)
震災後1年で転職したので、
その後のこの辺りがどうなったのか気になっていました。
周辺は変わった様な印象ですけど
弓弦羽神社。変わっていないような感じですね。
| robo_labo | 2006/06/28 5:47 PM |
☆robo laboさん
ホントに近くにお勤めだったんですね! お昼休みにちょっと散策に来るのにはいいとこじゃないですか?^^
そういえば、弓弦羽神社の八咫烏のロゴは震災後につくったものだと書いてました。あー撮ってきたらよかったな。スタイリッシュな八咫ガラスくんでしたよ^^ 
この日は雨でほんとに緑が鮮やかで綺麗でした。
| こいちゃ | 2006/06/29 2:01 AM |
バスガイドです(*´v`)とても参考になります(*◯'U`艸*)

大変と思いますが続けてくださいね
| ミリ | 2006/10/24 11:16 PM |
☆ミリさん
嬉しいコメントありがとうございます。
最近はちょっと忙しくて更新が滞りがちなのですが、
なるべくがんばりたいと思います♪
| こいちゃ | 2006/10/26 10:11 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/413

トラックバック