こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 「日本のわざと美」展@大阪歴史博物館 | main | 大阪歴史博物館のビル >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

常設展@大阪歴史博物館

2006.01.31 Tuesday 15:31
「日本のわざと美展」を観たあと、常設展へ。わたしはここの常設展をみるのははじめて。なぜって特別展と別料金なのです(笑)。

単独で¥600かかるのですが、特別展とのセットで買うと少し安くなります。今回の特別展(¥600)と合わせて、¥1,000円でした。わたしは、今回はじめて「ミュージアム ぐるっとパス・関西」を買ったので、団体料金になり¥940。イマイチお得感のない「ぐるっと・・・」ですが、今回はなんとか元が取れる予定なので、買ってみました。これについてはまた別途。

さて、歴博の常設展は、美術品を見せるというよりは、難波の宮や昔の船場などの模型を設置していて、大阪の歴史を体感できる展示です。美術ファンには評判悪いようだけど、予想に反してわたしにはけっこう楽しい展示でした。
rekihaku2-1
コーナーは、10F〜8Fにあり、難波宮の時代、天下の台所時代、大阪本願寺の時代、歴史を掘る、近代の大大阪の時代、などにわかれています。B1には古代遺跡の遺構も。

わたしは6Fの特別展からはいったのですが、特別展から観ると、一度1Fに降りてきてからエレベーターで常設展のある10Fにあがらなければならない、と言われました。それがちょっと不便。
常設展は同日なら再入場OKのようです(チケットの裏にハンコ押してくれました)。

順路に従って10Fに行くと、まず、聖武天皇が神亀元年(724年)から造営した後期難波宮(なにわのみや)の大極殿の原寸大の復元♪↑(前期難波宮は、大化元年(645年)「大化改新」のはじまりとともに新しく即位した孝徳天皇が造営したもの)。 これは写真ではみていたものの、実際にはいってみたほうが迫力! 難波宮って大きい!天井高い!柱太い! 立派だったんだ〜と素直な感想(笑)

当時の衣装を来た女官の人形が玉座の前に並んでいる〜(地位や役割によって衣装が違うので、その説明も)。等身大なので、ひとりだと、ちょっとキショク悪いけど・・・。子供たちがみんな楽しそうに写真撮ってもらっていました。ここは三脚やフラッシュを使わなければ写真OKです。

大スクリーンで宮廷内の儀式を紹介したビデオを流しており、それが終わるとそばの窓のカーテンが開いて、ぱっと明るくなり、難波宮の史跡公園が一望できます↓
rekihaku2-2
あそこにこの建物があったんだ、と実感できます。設計者の意図どおりでしょう。左手にある白い台が大極殿跡。

もちろん、これだけではなくて出土品なども展示されています。

難波宮を発掘し、何度も起こる開発の波に毅然として正面から立ち向かい、保存を訴え続けた山根徳太郎博士のコーナーもあります。その努力の結果、大都市の中に難波宮史跡公園を実現することができたのだそう。知らなかった!大阪にも吉野ヶ里遺跡と同じようなことがあったのだ。

時代はくだって、↓は、天下の台所時代の広島藩の蔵屋敷。
鳥居は厳島神社だそう。
rekihaku2-6

住友の鋼吹所↓
ここで精錬されたのですね。銅が重要な輸出品であった江戸時代、大阪には銅集めの役所として銅座がありました。
rekihaku2-3

道頓堀の「角の芝居(角座)」。
rekihaku2-4

これ↓は当時の難波橋(らいおんのいる現在の難波橋はこちらのエントリに)。大きい〜! くぐって歩きます。
rekihaku2-5

近代コーナーにいくと、昔の心斎橋の通りを復元したものなど。心斎橋大丸のシルエットをみると、これだけは今と同じだ・・・と感慨深い。

こういった模型だけでなく、名所錦絵や掛け軸も少々。大阪の絵師岡田半江の群犬図は可愛かった。
鴻池家から寄贈されたガラス食器などもありました。豪華なものですね。

子供のためのスタンプラリーがあるのですが、大人も参加OKとのこと。昔の色々なハンコを復元したものを押してもらえてけっこう楽しい。会場の幾つかの箇所のハンコを全部集めると最後にサイコロとしおりがもらえます♪

これ以外にも色々あって、とっても楽しかったのですが、タッチパネルの説明などを全部みていると一日かかりそう(笑)。またゆっくり来たいな。地下遺構ツアーにも参加してみたい。

この日は午後に予定があったので、仕方無しにさらっと通ったつもりだったのですが、いっぱい見るものがあったので、結局この日はお昼を食べそこねてしまいました・・・・

美術館とカフェ@大阪 | comments(4) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 15:31
- | - | -

コメント

こいちゃさん、こんばんわ!
恥ずかしながらちょっと変わった体験をしてきたのでTBさせていただきました。
立体展示って分かりやすくて面白くていいですよね〜
地下遺構も見て来ましたが…
行政?の遺跡を残そうという姿勢が垣間見えていい感じでしたよ!
| ヒジハラ | 2006/02/11 10:44 PM |
☆ヒジハラさん
コメント&TBありがとうございます!
うわーわたしもやってみたい〜!!!!!!!~○^
展示も楽しまれましたか? よかった〜 わたしも予想外に楽しみました! なんで、すいてんだ?と思ったくらい♪
大阪弁のビデオもいいですよね。
地下遺稿もみてこられたなんて、いいですね〜 わたしも今度は絶対いくぞ〜!!!
| こいちゃ | 2006/02/12 9:26 AM |
リクエストすれば、男性用の装束を初めから着せて貰えるのではないかと!(笑)
常設展は考えていたよりも盛り沢山でした。私は4時過ぎてから展示を見始めた為、ゆっくり回れませんでした。消化不良…
江戸時代のコーナーが特に面白かったですv

私同じ投稿を2つしていますね(==;
何故だろう??
お手数おかけしますが、かたっぽ消して下さい…
| ヒジハラ | 2006/02/12 5:44 PM |
☆ヒジハラさん
やー、わたし、男性用はスリムそうなので、「あれ、あれ?・・」とか言われるのがこわい・・模型も細かくできていてわかりやすいし。わたしも今度は一日用意して(笑)いかなくちゃ!と思ってます。そういえば私も写真撮ったの江戸時代が多いな〜。
コメント、わたしも時々、あれふたついってる?ってことあります。TBも。なぜでしょうね。消しときますね〜(^ー^)
| こいちゃ | 2006/02/12 7:58 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/220

トラックバック

古代の服を着てみたよ

うわーなんて馬鹿な題だ!!(爆笑) 今大阪の谷六の辺りで古本市が開催されています。 「明治の資料がテンコ盛り」チックなコピーに釣られて行って来ました。 が。 どこが明治の資料やねーん!!と心で叫びつつ、何冊か本を購入。 『攻玉社百年史』という珍しい本を見
| Forth! | 2006/02/11 10:39 PM |

大阪歴史博物館(7/24訪問)

先日、奈良を訪ねた後、そのまま近鉄と生駒から地下鉄を乗り継いで、「大阪歴史博物館」を訪れました。 特別展目当てだったのですが、久々なので、とにかく常設展も見ていくことに・・・。 ↑踊り場からの眺め この博物館の
| 関西おいしいもの♪ | 2006/07/27 11:07 PM |