こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 幻の洋梨「ル・レクチエ」 | main | プーシキン美術館展@国立国際美術館・大阪 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

羊が一匹、羊が二匹・・・@新ダイビル

2006.01.19 Thursday 23:58
大阪堂島浜にある新ダイビルです。
shindai1
一見普通のオフィス・ビルです。


shindai2
でも、ひつじがいます

shindai3
歩いていくと、エントランスがあります。ちょっと古いけど普通のオフィス・ビルです。

shindai4
でも、こちらの角にもひつじがいます。

shindai5
ね。

shindai6
四隅だけかと思えば、真ん中にもいました。この向かいは、全日空ホテルのエントランスです。

shidani7
北側にもいます。二頭のひつじがみつめている先には北新地が。
夕暮れ時、このあたりに来るとなぜかお腹が空いてきます。
北新地にはクラブだけでなくて、おいち〜お食事処もあちこちに♪

それはともかく汗、この新ダイビルの竣工は1963年、設計は村野藤吾です。

どうしてひつじなんだろ〜・・・・・
縁起もの? 最初のテナントが、ジンギスカンのお店ってことはないだろうから、羊毛会社だったとか??????

ともあれ、ちょっと楽しくなるビルです。



追記:
新ダイビルの謎解明!てれちゃう
↓にコメントしてくださったRUNAさんが、新ダイビルさんに問い合わせてくださったそうです。ありがとうございます♪!
答は↓のRUNAさんのコメント欄をごらんくださいませ〜

その他の建築・庭園@大阪 | comments(12) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 23:58
- | - | -

コメント

わあ〜、知りたいです〜!
なんで「羊」なんでしょう?
こいちゃさんのカメラ、すごいズームですね〜
望遠レンズ、持ってらっしゃるのかな?
あんな高いとこにいるひつじさんも、ばっちり。
もっこもこの、羊さんですね〜♪
| AZUKI | 2006/01/21 1:32 AM |
☆AZUKIさん
そうなんですよ〜、なぜひつじをおいたのかな〜?図書館で本もぺらぺらめくってみたんですが、載ってないんですよ〜 誰かご存知のひとないかな〜 村野藤吾さんって他のダイビルでも動物置いてるんです。好きだったのかな〜♪

>望遠レンズ
いえいえ、小さいけど光学x10、digitalとあわせてx30かな?できるultra zoomシリーズです。これが気に入ってかったカメラなんです(他の機能はよくわからない・・・A^^;)ひつじさんは4Fにいて、ぶれぶれになってばかりでなかなか撮りにくかったです〜
| こいちゃ | 2006/01/21 1:05 PM |
どうして羊なんでしょー??
気になりますね。

試しにこういう時にお決まりの
西洋図像学の本で調べてみると・・・
旧約聖書でアブラハムが息子イサクの代わりに
羊を犠牲にしたことから、のちに
人類の身代わりとして死んだキリストの象徴とされた。
ちなみに初期キリスト教美術では、
12使徒も羊で表し、中央に神の子羊を配すとか。

またマタイによる福音書では、
イエスは羊と山羊を選り分けると言ってるそうです。
羊は正しき者で、山羊は呪われた者。
いずれにしても、キリスト教のイメージの中では
羊は『聖性』のイメージなのかもしれません。

ただ直感的に思ったのは、
山羊や羊が多産で繁殖するということから
これらが『産業発展』のイメージなんじゃないかなーということです。

ちなみに、村野藤吾が東京で手がけた
大阪ビル(現ダイビル)に豚の像がいっぱいあったことについて
質問したら
「60年も昔のことだから忘れちゃった・・・でも豚って
かわいいでしょ」というようなことを言ったという
記事も読みました(笑)。
| たんぽぽ | 2006/01/22 8:40 PM |
☆たんぽぽさん
詳しい説明ありがとうございます〜♪かんど〜です^○^
山羊と羊ってそんな違いがあるの知りませんでした。
「産業発展」って、なるほど〜って思います。それなら貸しビルにつけたのもうなずける♪
村野さんてオモシロイひとだったんでしょうか。東京のダイビルって新ダイビルどころではなく、い〜っぱい付いたのですよね!鬼面みたいなのもなかったでしたっけ? このあいだから飾り瓦とかみてると、近代建築はこういう遊びがなくなって、そういう意味ではつまんないな〜・・・と思ってたので、村野さんという方にますます興味が沸いてきました^^
| こいちゃ | 2006/01/22 11:42 PM |
 私も気になって気になってしょうがなかったので、今日ガマンしきれず新ダイビルまで電話してしまいました。
 村野藤吾さんが『誰からも愛されるビル』にって愛される動物の象徴である羊を入れたとの返答でした。
 すごいマジメに答えてもらって逆に申し訳ない感じと明らかに不審がられた感じでした。笑
 
| RUNA | 2006/01/27 5:14 PM |
☆RUNAさん
コメントありがとうございます!
そうなんですね〜^^嬉しい!疑問解決です!
電話してくださって&書き込みしてくださって、ありがとうございました!!感謝感謝です!
追記で↑のエントリの最後にいれさせていただきますね♪
レトロビルのファンが増えてるそうなので、ダイビルさんも、内心喜んでくれてると思いますよ♪ 
よかったらまた遊びに来てくださいませ。
| こいちゃ | 2006/01/27 10:43 PM |
はじめまして。ゴリモンと申します。
このヒツジの謎を検索してやって来ました。おかげさまで謎が解けました。スッキリです!

しかし‥‥。思いっきりかぶった記事を書いてしまいましたっ(苦笑)
| ゴリモン | 2006/03/02 9:10 AM |
☆ゴリモンさん
はじめまして!ようこそ〜♪
謎が解けたのはRUNAさんのおかげなんですよ〜。この羊はホントに不思議に思いますよね!他がふつーなだけに。
ゴリモンさんのブログの記事みせていただきました。
あはは、ものすご〜くかぶってますね!(^○^)
わたしも記事書いちゃってから似たよーな視点の記事に出会うことありますよ〜
でも、これは運命の出会いかも?ゴリモンさんのブログにもオジャマさせていただきま〜す♪
| こいちゃ | 2006/03/02 7:40 PM |
おじゃまします。ちょうどいい記事を書かれていたので、TBさせていただきました。

また時々覗かせてもらいます。
| NOLI | 2006/06/24 7:25 PM |
☆NOLIさん
ようこそ〜♪ TBありがとうございます!
こういう羊がさりげなくいるって楽しいですよね。
でもこの羊けっこう筋肉質ですよね。もちっとかわゆくてもよかったのでは・・・と思ってしまいます(笑)
| こいちゃ | 2006/06/24 9:17 PM |
行きがかり上、もう一言コメントを。

なぜ羊かということについてはほとんど意味はないものと思います。村野としては構成上、そこに彫像が欲しかった。クライアントへの説明がうまくできさえすれば、別に鷲でも羊でも豚でも何でもよかった。

その説明の中で当時、「万人に愛される」象徴とか「多産、繁殖」=「繁栄」の象徴みたいなことは言われていたかもしれませんね。

装飾狩りモダニズムが台頭する中、村野は装飾が建物への愛着を生むことを知っていました。サプライズや謎をそのままにしておくのも茶目っ気ですが、それが人を惹き付けることも十分承知していたでしょう。

たんぽぽさんの豚の像に関する村野のコメントに見られる「はぐらかし」はそのためではないでしょうか。
| NOLI | 2006/06/25 1:49 PM |
☆NOLIさん
コメントありがとうございます!
なるほど〜です。すっきりしました。時代背景から説明してくださってありがとうございます。行きがかり上などどおっしゃらず、またよろしくお願いします(^^)
| こいちゃ | 2006/06/25 9:19 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://koicha.jugem.jp/trackback/201

トラックバック

新ダイビル(1)

大阪、キタの堂島。ちょっと微妙な位置で新地といってもいいような場所に貸しビル老舗、ダイビルの所有物件で新ダイビルと呼ばれるビルがあります。 いくつかのダイビル物件を村野藤吾が手掛けていますが、新ダイビルもそのひとつ。屋上緑化がされていて平日の11:00
| 旅と建築と日常 | 2006/06/24 7:14 PM |