こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。
<< 和歌山県立近代美術館@和歌山市 | main | 光悦寺(2)@京都鷹ヶ峯 >>

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

光悦寺(1)@京都鷹ヶ峯

2005.11.24 Thursday 15:00
昨日京都へ紅葉狩に行ってきました。
いつもは淀屋橋からならまず座っていける"おけいはん"が流石に祝日、やはりいっぱい。
桜と紅葉の時は仕方がありません。

まずは鷹峰の光悦寺へ、何年ぶりかの拝観です。この秋は、光悦寺はパスする
つもりだったのですが、京都紅葉案内のサイトに「数年ぶりの良い色がでている・・」という
一言が・・・これは今年の琳派巡りの締めくくりに是非いかねば!
昨日はちょうど見頃でした♪

  
参道の紅葉のトンネルもピーク。↑これは幸運にも人の波が一瞬切れた時に撮影。
もっと綺麗だったんだけど・・・紅葉撮るって難しいですね〜。


お庭も見事な紅葉・・・
このあたり一帯は、元和元年1615年徳川家康が本阿弥光悦に与えた土地。そこに光悦は
一族と工芸職人(55家だっけ?)とともに移り住み、工芸集落、いまでいう芸術村を営みました。
光悦は、代々刀剣鑑定、磨砥等々を家業とする家に生まれましたが、それだけにはとどまらず、
本人自身も多岐に渡る方面に才能を発揮した芸術家であり、また優れたアート・プロデューサー
でもありました。光悦の死後、位牌堂であったここを一族がお寺とし、日蓮宗光悦寺となっています。

知らぬひとのない光悦垣。

  
光悦垣の向こうは光悦終焉の大虚庵。現在のものは大正4年のもの。境内には7つのお茶室があります。


(2)につづく・・・です。
神社仏閣@京都 | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday 15:00
- | - | -

コメント

秋の光悦寺、素晴らしいですね〜♪
おとといの夜中に見せていただいたんですけど、
「続きを読む」を開こうとしても重くて重くて、
そのうちに動かなくなっちゃったので、
コメントはまた後で〜、と思ってたら遅くなってしまいました。
あせあせ(^_^;)
| AZUKI | 2005/11/26 8:34 PM |
☆AZUKIさん
コメントありがとうございます!
よかったですよ〜^^すごい人出でしたが、行ってよかったです。色もよかったです。

お手間かけたみたいで、すみません!m( )m
わけたほうがいいかしら・・・・
| こいちゃ | 2005/11/26 9:15 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

光悦寺

第一の目的地は「光悦寺(こうえつじ)」です。 江戸初期の人、本阿弥光悦は、茶をよくし、蒔絵、陶芸、書など、多彩なジャンルで才能を発揮した京の芸術家。 ↑山門周辺の紅葉が、
| 関西おいしいもの♪ | 2005/11/24 4:01 PM |