こいちゃの日記

こいちゃの徒然日記へようこそいらっしゃいました。
仕事のことなども書き綴っていこうと思って始めましたが、関西の美術館&カフェ巡り日記になってしまってます・・・・
神社仏閣・近代建築も追加です。瓦と狛犬も見始めました。

スポンサーサイト

2009.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

幻の棟方志功@神戸大丸

2006.09.25 Monday 20:41
さてアップが遅くなりましたが、芦屋市美のあと、元町へ出て、神戸大丸で開催中の「幻の棟方志功展 大原美術館、クラレ秘蔵作品より」(9月25日まで)に行ってきました。
munakata1
会場には、大原孫三郎の息子総一郎との交友のなかで製作された力強くものびのびとおおらかな作品がならび、こちらまでのびの〜びしました。ポスターはこれ↑
上は風神・雷神、下は総一郎に依頼されて孫三郎の還暦祝に描いたという鯉の図。どちらも写真よりもずっといいのです。

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(4) | trackbacks(1)

芦屋市立美術博物館

2006.09.20 Wednesday 00:02
芦屋市立美術博物館は、このブログ初登場なので、建物の写真を。
ashiya1
阪神芦屋駅から徒歩15分ぐらいかな。芦屋川沿いに南へ下りて東へ折れます。ちと遠いのが難点ですが、住宅街のなかにある静かな美術館です。緑も多くちょっとスモーキーなピンクの壁に白い三角屋根の概観がほのぼのしてますよね。平成2年の建築、翌年の開館です。

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(2) | trackbacks(0)

コレクターの眼 枕 @芦屋市立美術博物館

2006.09.18 Monday 23:44
芦屋市立美術博物館で本日まで開催の「こんな枕、見たことない、コレクターの眼 枕」展に行ってきました。
makura1
行ってみたくなったのは、なんといってもコレ↑!清朝末期の獣頭枕。
会場でも入り口でお出迎えしてくれる。インパクト十分!
獏の頭の上の枕に頭を載せると、↑かように獏の口があくのです。ひぇ〜 ええ夢見れるのでしょうか。

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(5) | trackbacks(1)

陳進展&滞日時代の日本画展@兵庫県立美術館

2006.06.30 Friday 19:54
旧乾邸と香雪美術館のあと、バスで阪神御影駅へ、そこから阪神岩屋駅へ出て、兵庫県立美術館に向かいました。もう歩く元気がなかったのでこのルートを取ったのですが、香雪からはJR住吉駅まで徒歩10分ぐらいのですので、そこからJR灘駅へ、というルートもありです。

chin1
兵庫県美では「台湾の女性画家 生誕100年記念 陳進展」が開催中(7月23日)。併せて、陳進滞日時代の日本画家の絵も展示されています(展示替あり、展示リストが兵庫県美のサイトにあります)。前売を買っていなかったので、駅そばの交叉点にあるコンビニ「サンクス」でチケットをゲットしていきましたが、県美のサイトの「最新情報」のぺージにも割引券が出てますね。

いい絵が多くてとても楽しい展覧会でした〜(^^)v

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(2) | trackbacks(1)

珈琲一色DANKE(ダンケ)御影

2006.06.26 Monday 21:10
さて、香雪美術館の前に寄ったのがここ、DANKE御影です。
少し歩くけど、おいしいピザのお店ができたそうなので行くつもりが、食欲ゼロ・・・
で、美味しい珈琲でも、と予定変更。
danke1danke2
看板が楽しい♪

バターブレンド珈琲でよく知られたお店。焙煎の時に絶妙のタイミングでバターを加えているとか? あちこちにあるバターブレンド珈琲のダンケは、ここのご主人が焙煎した豆を届けているそうです。インテリアは黒を基調しており、Barかな?と思えるぐらいシックで落ち着いた印象。珈琲カップがずらり壁面に並んでいます。

danke3
まったりバターの風味の珈琲(写ってない・・A^^;)。これはクリームはま〜ったく必要なし♪ それに、唯一のフードメニュー「ケーゼクーヘン」。ここのオリジナルだそうで、「チーズ」を意味する「ケーゼ」と、お菓子の「クーヘン」を組み合わせているそう。ふかふかの円形のパンのような生地の上に、とろけるチーズを乗せ、外側はパリッこんがりと焼いてくれる。その上に、あっさりとまろやかな生クリームがとろりん。このあっさりクリームが、まったりバターブレンド珈琲と抜群の相性。

ごちそうさまでした。
豆はお持ち帰りもできますよん。


意外や、ここ、ホームページがないのです。
場所は、阪急御影駅から一筋南へすぐ。先にアップした「アンプレシヨン」のお向かい、南側です。

ダンケ (DANKE) 
神戸市東灘区御影町御影字城ノ前1518−4
078-843-6050 
月曜定休? 
12:00〜22:00???? 

阪急御影駅周辺は、スィーツ激戦区と言われ、よく知られたお店が集まっていますが、コムシノワの支店とダニエル・ア・ターブル(お持ち帰り店ではなくレストランのほう)は閉店したのですね。かわっていくのね〜 
美術館とカフェ@兵庫 | comments(2) | trackbacks(0)

祈りの名品展@香雪美術館

2006.06.26 Monday 20:17
香雪美術館で開催中の祈りの名品展(7月17日まで、会期中無休)に行ってきました。
kosetsu1
jugemの画像容量がそろそろ限界なので、ブログのお引越し準備をすすめていたのですが、急に30MB→200MBに増量が決定。で、わたしのブログにしては大画像(^^)お引越しどうしようかなあ・・・・

香雪美術館については前回エントリを。

雨で庭の苔も美しく、こういう時期に来るのもよいな〜。
kosetsu2

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(2) | trackbacks(1)

アンプレシヨン@阪急御影駅

2006.06.04 Sunday 23:57
ガウハーティを出て、前の道を西へ。お土産を買いに、同じ通りにあるケーキ屋さん「impression (アンプレシヨン)」へ。
impre1
でも、このあと東大阪まで行くつもりなので、ケーキを持ち歩くのはちょっと・・・で、シュー・ア・ラ・クレームを。
impre2
ここのシュークリームは、カスタードがたっぷりずっしり入っていて、それでいて甘すぎず美味しい。

カフェも併設されています。
帰ってきてホームページを捜したのですが、ないみたい・・・・(@@;)

eoグルメのアンプレシヨンのぺーじ

アポランネットのアンプレシヨンのぺーじ
美術館とカフェ@兵庫 | comments(4) | trackbacks(1)

ガウハーティ@阪急御影駅

2006.06.04 Sunday 23:28
白鶴美術館の帰りに、この間香雪美に来た時行きそびれた「ガウハーティ」へ。阪急御影駅から歩いてすぐ。駅を東へ出て、突き当たった車道を南へ降りるとすぐ、ケーニヒスクローネのショップの隣、ローソンの前にあります。
gau1 
かわりい入り口。日本紅茶協会に「おいしい紅茶の店」との認定を受けているとか?^。^

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(0) | trackbacks(0)

白鶴美術館@神戸・御影

2006.06.04 Sunday 17:20
東大阪での「四大浮世絵師展」の前に行ったのが、神戸市住吉にある「白鶴美術館」です。しらばく調子が悪かったので予定が狂い、わたしの住む大阪からだと正反対の方向にある2つの美術館に1日で行くことになってしまいました。
haku1
白鶴美術館は、阪急「御影駅」から15分ほど山手に歩いたところにあります。たいした距離ではないのですが、くねくねと住宅街の中の細い道を上がっていくので、久しぶりだったわたしはちょっと迷ってしまいました。

このあたりは芦屋とならぶお屋敷町。だんだんとマンションになったりレストランに改装されたりしています。近代建築の邸宅も多いので、それはまた後ほど。

白鶴美術館は、白鶴酒造7代嘉納治兵衛(鶴翁)のコレクションを元に昭和9年(1934)に開館しました。私設美術館のハシリですよね。鶴翁(かくおう)は、奈良興福寺の執事で"古美術界に知らぬ者なき「中村家」出身"であり(wikipediaより、へぇ〜)、婿養子として嘉納家に入ったそうです。

haku2
大きな石垣に囲まれた正面入り口。右の石垣に「白鶴美術館」と彫られています。

haku4
エントランス棟からみた本館。設計は、竹中工務店の鷲尾九郎さん。

haku6haku7
中庭。今、花も緑も美しい。

本館と新館の写真がもう少しあるのですが、それは次の「古美術鑑賞入門展」のエントリにのっけます。

白鶴美術館


美術館とカフェ@兵庫 | comments(2) | trackbacks(0)

館蔵名品にみる美術の伝播@頴川美術館・西宮市

2006.04.28 Friday 23:59
兵庫県西宮市甲東園にある頴川(えがわ)美術館で開催中の春季展「館蔵名品にみる美術の伝播」(5月7日まで)に行ってきました。阪急今津線甲東園駅から西へ歩いて3分のところにあります。ヴォーリズ建築の関西学院までの通学路の途中にあるので、学生の流れについていくと道はわかりやすいかもw
egawa-m2
この美術館は、大阪の商家、頴川家の四代助氏が収集した古美術品を展示する小さな美術館です。開館は1973年。(詳しくはホムペをご覧ください)

egawa-m3
エントランスそばの小さな庭には、だいぶ散ったかな?八重桜。
egawa-m4
こちらは古種だとか、名前を教えていただいたのに忘れてしまった・・・--;

続きを読む >>
美術館とカフェ@兵庫 | comments(0) | trackbacks(0)